に投稿 コメントを残す

沖縄でできる体験工房


突然ですが、旅先に行ったらたくさんの思い出ができますよね。そんな思い出をカタチとして残すのはいかがですか?思い通りに作れたり、ちょっと失敗してしまってもそれもまた大切な思い出。作る過程も楽しめる思い出の品なることになること間違いなし!今回は沖縄でできるモノづくり体験をご紹介していきたいと思います。沖縄の守り神である「シーサー」づくりや、伝統工芸品「琉球ガラス」づくりまで!職人さんがしっかりとサポートしてくれるので気軽に体験することができます。沖縄でしかできない体験にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

体験王国むら咲むら

沖縄県読谷村にある石畳の道や赤瓦屋敷など琉球王朝時代の街並みを再現した園内が特徴の体験施設です。やむちん作りなどの伝統工芸を作ることができる体験、エイサー、三線演奏、琉球舞踊、沖縄空手などのスポーツまで様々な体験メニューがある施設です。なかにはウチナーグチ(沖縄の方言)の教室など、ちょっと変わったユニークな体験もできるのでぜひチェックしてみてさい!宿泊施設も併設しているので滞在しながら沖縄独特の文化に触れることができます!

森のガラス館

神秘的で鮮やかな色彩に思わず見とれてしまう琉球ガラス。そんな琉球ガラスを自分で作る体験ができる森のガラス館は沖縄県の北部に位置する名護市にある施設です。一番人気であるオリジナル琉球ガラス作り体験の他にもアクセサリー、フォトフレーム、キャンドル、万華鏡などの手作り体験もあります。火を使わない体験は雨天の中でもでき、まだ火を使うのが不安なお子さんがいるファミリーにも人気のメニューです。作った作品はその場で持ち帰ることができるので

御菓子御殿 恩納店

沖縄土産の定番!「紅芋タルト」をなんと生地成型から手作りすることができる体験ができます!専用厨房がある体験コーナーからはエメラルドグリーンに輝く沖縄の海が見下ろすことができ、最高のロケーションで紅芋タルトづくりをすることができます。作ったタルトを受け取るまでには約1時間ほどかかりますが、焼き終わりを待っている間に同じ施設内にある「展望レストラン 美ら海」でお食事を楽しむこともできます。もちろん1階にある売り場にも充実したお土産がいっぱい。出来立ての紅芋タルトをはじめとした紅芋スイーツやソフトクリーム、各種ジュースなども販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。